Photoset

sirensongfashion:

Vlada Roslyakova by Pierluigi Maco for Vogue China January 2007

(via hresvelgr)

Quote
"狂人と天才との決定的な違いとは、安直さの有無である。精神を病んだ人は、我慢が出来ない。性急で、地道に物事を進めることが出来ない。すぐに事態を分かりやすい形にしなければ精神が耐えられない。ときにはタイムマシンを発明するなどと称してそれに人生の大半を費やしてしまうようなタイプの患者もいるが、そうした人は忍耐強いわけではない。精神が形骸化し、傷のついたレコード盤のように同じ箇所を延々と反復しているだけである。"

— 春日武彦『天才だもの。 わたしたちは異常な存在をどう見てきたのか』青土社 2010年 (via tigerbutter)

(via reretlet)

Photo
Photo
Quote
"

ユタ州の女性と、ブライアン・ユーリ(訳注:この女性の意見に同意している、ユタ州のメディア監視グループの人)へ。「注意:世界は――同性愛を含みます」。

For the Utah woman and Brian Urie. Advisory: The World - Contains homosexuality.

"

男同士のキスシーンに苦情。劇団が出したパーフェクトな回答とは? - 石壁に百合の花咲く

Quote
"「生ある者の地獄とは未来における何ごとかではございません。もしも地獄が一つでも存在するものでございますなら、それはすでに今ここに存在しているもの、われわれが毎日そこに住んでおり、またわれわれがともにいることによって形づくっているこの地獄でございます。これに苦しまずにいる方法は二つございます。第一のものは多くの人々には容易いものでございます、すなわち地獄を受け容れその一部となってそれが目に入らなくなるようになることでございます。第二は危険なものであり不断の努力と明敏さを要求いたします。すなわち地獄のただ中にあってなおだれが、また何が地獄ではないか努めて見分けられるようになり、それを永続させ、それに拡がりを与えることができるようになることでございます。」"

イタロ・カルヴィーノ 『見えない都市』 米川良夫訳(河出書房,2003)

Italo Calvino; LE CITTÀ INVISIBILI (1972)

(Source: tezzo-metropolis, via repsychose)

Photo

(Source: puppet, via migi)

Quote
"バーギン 「実在は対称(シンメトリー)を愛好する」とおっしゃったことがありますね。
ボルヘス ええ、あります。それが真実です。
バーギン そうおっしゃるのは、ご自分の経験からくるのですか。
ボルヘス ええ。というか、たぶん私は対称に気をつけているからです。
バーギン 対称、鏡、人生における迷宮を探し求めてばかりいるからと、以前にご自分を批評なさったことがありますね。本当にそうお感じでしょうか、それとも….
ボルヘス いや、そういう感じはします。しかし神秘的なはかりごとという観念を伴うようなさまざまの偶然の一致が私たちに与えられているのではありませんか? 偶然の一致が与えられることで、私たちはある形式(パターン)が存在するという気がする ── 人生にはある形式が存在する、いろいろなことが何かを意味している、と。"

失われた本を求めて 異端審問 ボルヘス

(『ボルヘスとの対話』より)

(via ginzuna)

(via plasticdreams)

Photo
artezza:

Amy Judd 

artezza:

Amy Judd 

(via pinkprincess17)

Quote
"効率を愛さないのは豊かな印だ"

Tumblr (via tbcl)

(via zaq1234)