Quote
"

ユタ州の女性と、ブライアン・ユーリ(訳注:この女性の意見に同意している、ユタ州のメディア監視グループの人)へ。「注意:世界は――同性愛を含みます」。

For the Utah woman and Brian Urie. Advisory: The World - Contains homosexuality.

"

男同士のキスシーンに苦情。劇団が出したパーフェクトな回答とは? - 石壁に百合の花咲く

Quote
"「生ある者の地獄とは未来における何ごとかではございません。もしも地獄が一つでも存在するものでございますなら、それはすでに今ここに存在しているもの、われわれが毎日そこに住んでおり、またわれわれがともにいることによって形づくっているこの地獄でございます。これに苦しまずにいる方法は二つございます。第一のものは多くの人々には容易いものでございます、すなわち地獄を受け容れその一部となってそれが目に入らなくなるようになることでございます。第二は危険なものであり不断の努力と明敏さを要求いたします。すなわち地獄のただ中にあってなおだれが、また何が地獄ではないか努めて見分けられるようになり、それを永続させ、それに拡がりを与えることができるようになることでございます。」"

イタロ・カルヴィーノ 『見えない都市』 米川良夫訳(河出書房,2003)

Italo Calvino; LE CITTÀ INVISIBILI (1972)

(Source: tezzo-metropolis, via repsychose)

Photo

(Source: puppet, via migi)

Quote
"バーギン 「実在は対称(シンメトリー)を愛好する」とおっしゃったことがありますね。
ボルヘス ええ、あります。それが真実です。
バーギン そうおっしゃるのは、ご自分の経験からくるのですか。
ボルヘス ええ。というか、たぶん私は対称に気をつけているからです。
バーギン 対称、鏡、人生における迷宮を探し求めてばかりいるからと、以前にご自分を批評なさったことがありますね。本当にそうお感じでしょうか、それとも….
ボルヘス いや、そういう感じはします。しかし神秘的なはかりごとという観念を伴うようなさまざまの偶然の一致が私たちに与えられているのではありませんか? 偶然の一致が与えられることで、私たちはある形式(パターン)が存在するという気がする ── 人生にはある形式が存在する、いろいろなことが何かを意味している、と。"

失われた本を求めて 異端審問 ボルヘス

(『ボルヘスとの対話』より)

(via ginzuna)

(via plasticdreams)

Photo
artezza:

Amy Judd 

artezza:

Amy Judd 

(via pinkprincess17)

Quote
"効率を愛さないのは豊かな印だ"

Tumblr (via tbcl)

(via zaq1234)

Quote
"

英語で書かれた最高の音楽と讃えられる詩作品〈クーブラ・カーン〉誕生にまつわる、この有名な夢の経緯は、作品の前書きとしてコウルリッジ自身が書き残したものだ(1797年は詩人の記憶違いで実際は1798年のことらしい)。この逸話の紹介のあと、これと奇妙な符号の一致が見られる第二の事件についてボルヘスはこう述べる。

コウルリッジが夢の顛末を1816年に公表してから20年後、『世界総合史』というペルシア文学が、初めて西洋の言語に翻訳されパリで刊行された。それは14世紀にラシード・ウッディーンが著した本だった。その中に次の一行がある ── 「クビライは夢に見て記憶にとどめた設計図に従い、上都の東に王宮を造営した」。 つまり、18世紀に英国詩人の見た夢は、蒙古皇帝の宮殿にまつわる詩として結晶して現実界に残されたが、そもそも蒙古皇帝が当の宮殿を13世紀に建てたのは、やはり夢がきっかけだったからだというのだ。そして、コウルリッジがこの事実を知っていた可能性はまず考えられない。ボルヘスは、あたかもチェスタートンの創造した探偵物語の主人公ゲイルのような語り口で、ふたつの《夢》という操作の類似性から、それらを実行するひとつの主体(前章の言葉で言うと《精神》)を幻視し、こう推理を続ける。
「二つの夢の類似性が一つの計画を露わにする。関係した厖大な長さの時間がその超人的実行者を露わにする。その目的を探ることは無謀だが、彼がまだその目的を達していないことは断言できるだろう」。

"

失われた本を求めて 異端審問 ボルヘス (via ginzuna)

(via lovecake)

Quote
"ある著者の文章を引用するときは七行で区切ること。七行以上はだめ、スパイが自分のいる位置を特定されないよう、三十秒以上の電話をしなかったようなものだ。"

ローラン・ビネ 「HHhH プラハ、1942年」

220

高橋啓 訳 東京創元社 2013年

(via q-q-q)

(via lovecake)

Quote
"ずっと前から駄目なんだ。最初から駄目なんだよ。ラファエル、君は絶対に、若い娘が抱くエロチックな夢をかなえられない。仕方がないものと諦めなくてはいけない。自分はこういった物事に縁がないことを受け入れることだ。いずれにせよ、手遅れなんだ。いいかい、ラファエル、セックス面における敗北を君は若い頃から味わってきた。十三歳から君につきまとってきた欲求不満は、この先も消えない傷跡になるだろう。たとえ君がこの先、何人かの女性と関係を持てたとしても-はっきりいってそんなことはないと思うけど-それで満たされることはないだろう。もはや、なにがあっても満たされることはない。君はいつまでも青春時代の恋愛を知らない、いってみれば孤児だ。君の傷は今でさえ痛い。痛みはどんどんひどくなる。容赦のない、耐え難い苦しみがついには君の心を一杯にする。君には救済も、解放もない。そういうことさ。"

『闘争領域の拡大』(ミシェル・ウエルベック著) - IdeaFlow (via do-nothing)

(via reretlet)

Photo
lsdxx13:

0fhd:

ّPlzFor More | http://0fhd.tumblr.com

😻😽😻

lsdxx13:

0fhd:

ّ

Plz
For More | http://0fhd.tumblr.com

😻😽😻

(Source: zepsternerd, via lostinthoughtandlostintime)